医療・介護従事者合同研修会に協賛参加しました

令和3年9月14日(火)、小倉パークサイドビルにおいて、新小文字病院の冨永先生、コネクト合同会社の山口先生をお迎えし、新型コロナウイルスの最新情報についてご講義頂きました。

※詳しくは小倉在宅医療・介護連携支援センターの研修報告をご覧ください

冨永先生のご講義では、福岡県下初のクラスター病院として、どのような取り組みが必要になったのか、当時の映像を交えながらご紹介がありました。「新型コロナウイルス」という敵の全体像が明らかになっていない段階での対応は、とてもご苦労された様子でしたが、その対応・チーム作りがあったからこそ、後に続いたクラスター対策に活かすことが出来たのだと感じました。

山口先生は、始めに「僕の講義はいつも同じことを言ってます」と話され、‟大切なことは変わらない”、感染対策の基本は『手洗い・マスク着用・ソーシャルディスタンス』。正しく知って、正しく恐れる、これが一番大事だという事を再認識しました。

また、ワクチンについても日夜色々な報道にありますが、「コロナワクチンとかけて大谷翔平と説きます 打って打って打ちまくれ!」、その効果は絶大だと仰っていました!!

一日も早く、この新型コロナウィルスが終息することを願います☆